カラーコンタクトレンズ

視力の補正を目的とした、今まで書いてきたようなコンタクトレンズは医療用具です。
しかし、

近年利用者が増えている、おしゃれを目的としたカラーコンタクトレンズですが、大半は医療用具ではありません。

医療用具ではないカラーコンタクトレンズは、簡単手に入れることが可能で、ネットショッピングなどでも購入できます。
そのために、手入れの仕方もあいまいなまま装用し続け、目に重篤な障害が残った例も少し前に問題になったことがありました。

また、レンズ自体が粗悪な場合もあり色素が流出した例もありました。

カラーコンタクトで目の色を少し変えると雰囲気もガラリと変わりますし、瞳を大きく見せるためなどに利用する場合もあるようです。


どうしても利用したい場合には、レンズの状態を眼科医に見てもらり、利用時の注意なども教えてもらったほうが良いかもしれません。

そのときには、処方された箱や説明書などを持参するとよいかもしれません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。