コンタクトレンズ疾患の原因

コンタクトレンズの装着によるトラブルで、発生しやすい障害疾患をひき起こしやすい原因をまとめてみました


・コンタクトレンズの自己流の装用

コンタクトレンズを処方されるときには、注意事項などを、きちんと説明されていたり、説明書に書かれていると思いますが、使用にも慣れてくると自己流の使用方法になってきてしまいがちです。
主な注意点は装用時間、外さずに寝てしまったり、徹夜したり、また、使い捨てのコンタクトレンズの場合、2週間用なのに1ヶ月使ってしまったり、毎日交換用を3日ほど使ってしまうなどです。


・コンタクトレンズの間違ったレンズケア

コンタクトレンズのケア用品は、レンズと同じメーカーのものでケアするのが原則とされています、これは取り扱い説明書にも書いてあります。
簡単、とか、どのメーカーでも大丈夫、と謳っているケア用品もありますが、出来る限りそのメーカーのものを使用して、定期検診のときに汚れが落ちているかを診てもらうようにしましょう。


・コンタクトレンズの間違った処方

場合によっては、医師の処方が間違っているといった場合もあります、ドライアイの患者に通常のソフトコンタクトレンズを処方したりした、例などもあるようです。
また、眼科医での指導が不十分だったために間違った使用をしてしまうケースもありますので、疑問があったら医師に確認するようにしてください。


・個々の目の状態の変化

目の状態は常に変わっていきますので、定期健診は欠かせません。
また、花粉症の場合はアレルギーの時期は汚れがつきやすかったり、涙の量が多くなったりしますので、変化がおきやすいです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。